クレジットカードを発行するには当然ではありますが、クレジットカード審査が必要になります。

以前は、申し込み書に自分の個人情報を記載してクレジットカード会社に輸送し、カード審査を受ける流れでした。しかし、現在はネット社会ですからね。

ライフカードをはじめとする大体のカード会社がネット入会にも対応していて、申込フォームに必要な情報を入力するだけで審査を受けれるようになりました。

creditcard-shinsa.jpg

この審査に通れば、めでたくクレジットカードを持つことができるわけですが、そうなると気になるのが、クレジットカード会社は何を基準に審査しているかということです。

一般に言われている審査基準ですが、カード会社は『三つの要素』を重視しているといいます。「収入」、「返済能力」、「住居形態」の3つです。

特に住居形態については、明確な移住場所を確認する上でも重要な要素になります。クレジットカード会社はこれらを基本とし、より細かい審査を行うわけです。

審査内容としては、申込み書に記載、また、ネットで入力した個人情報を元にスコアリングという方法で、項目ごとに点数をつけていきます。

年齢、勤務先、勤続年数、年収、居住年数、住居形態、家族構成などが項目になりますが、これらの合計点がクレジットカード審査の合否を左右します。

そして、最も重要視される内容というのが、過去の支払い履歴や現在の借入状況についてです。ただ、これについては申告した個人情報では得ることができませんよね。

そこで、カード会社は必ず個人信用情報センターという機関に照会をお願いするのです。そこには以前申込者が利用したローンやクレジット情報などが保管されています。

例えば、過去にクレジットやローンなどで延滞を繰り返した場合や、現在、消費者金融などから借り入れがあってもすぐに分かります。

延滞はもちろんのこと借り入れについても状況によっては、カード審査の大きなマイナス要因となりますので、その辺は注意する必要があります。

クレジットカードには、いろいろなサービスが付いている事が多いですね。そして、各クレジットカード会社によっては限度額というものも若干違って設定される事があります。

いわゆるクレジットカード審査によって決められるわけですが、このクレジットカードの限度額とは、いったどの様なものなんでしょうか?!

まず、クレジットカードを発行する際は必ず審査が行われ、その時に限度額が決められています。これは、使用者の状況によって決められている最高に使える金額になります。

数万円程度の人もいれば、上限はどれ位まであるのか想像が付きません。と言うのも、クレジットカードの種類にはランクがあって、一般クレジットカード。

さらに、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとあって、ブラックカードにいたっては、まず、普通の人が持つことができないクレジットカードですからね。

そのため、限度額というのが想像できないわけです。ごく一般的に流通されている一般カードに関しては、数十万円程度の限度額に設定されることがほとんどのようです。

creditcard-gendogaku.jpg

クレジットカードの審査項目によって、限度額は変わると言われますが、カード発行した際に設定されている限度額までは自由に使う事が出来るわけです。

なお、このクレジットカード限度額は、カードを長年使用していると上がったり、使用年数は少なくても、月の利用額があったりすると上がったりもします。

各カード会社によって、上がる時期や上がり方も様々なようですが、一時的にクレジットカードの限度額を上げてもらうと言う事も可能と言われています。

その場合は、直接クレジットカード会社へ電話をして現在の状況を確認してもらい、審査でOKが出たら限度額を上げてもらえると言う様な流れになっています。